So-net無料ブログ作成
検索選択

AD603 IF Amprifire [受信機]

 JA1DWM 進藤OMが発表された「ローバンド受信機の製作と測定」にAD603が使われている。聞きなれないICだったのでデータシートを見てみるとなかなか興味の有るICであった。特にIMDの良さには目を瞠る。AD603をググッてみるとJA3GSE OMもこの点に着目されている。
 実験用受信機で、MC1490と2SC2348フォワードAGCIFを作ってきたが、そこそこには動作するものの今一歩という感じであった。今回ebayでAD603が格安に入手できたので、早々実験に取り掛かった。

AD603-9 (1).JPG

 データシートを見ると、このICは、固定ゲインアンプとその前段にラダー型アッテネーターとコントロール回路がある。AGCはコントロール回路の電圧を変化させ、このアッテネーターを設定するというようになっている。つまり、アンプ自体の動作点は何も変化しない。MC1490や2SC2348のIFは、動作点を変化させゲインコントロールしている。ここが大きい違いである。また、入出力インピーダンスも低く(IN 100Ω OUT 500Ω)異常発振にも強いことが予想される。アプリケーション例を見ても広帯域での設計となっている。さらに先にも書いたようにIMDがすばらしく良い。いいこと尽くめのように思える。

AD603-10.JPG

 他の製作例を見ると±電源で作られている方が多いようである。回路的にはオペアンプのようなものなので、±電源のほうが、部品も少なくすっきりするし、AGCコントロール回路も簡潔に出来そうな感じであるが、やはり単電源が好みなので、アプリケーション例に載っている単電源回路で進めた。 (左図)
 取敢えず1段で実験。その結果は簡単に9MHzで40dBアンプとなった。また、コントロール回路の2pinの電圧を外部電源から加え変化させてみた。その結果は左図のグラフである。流石

AD603-1.JPG

にATTという結果となった。ATTコントロール回路の1pinは5.5V固定としている。5V~6V変化に対して実にリニアに変化している。更に最大で+10dBmまで出力されている。非常に強力でMC1490などと比べると良い結果となり、IF回路として非常に期待が持てる。参考に周波数特性も見てみた。40Mhz位までは30dB以上の利得が有る。100Mhzでも20dBは有る。(スペアナには10dBのATTを入れているので表示値に+10dB)



AD603-10.JPG と言うことで2段目を製作。9Mhzで80dBのアンプとして動作している。2段接続の場合ATTのコントロールは最初に初段のATT続いて2段目のATTとなっていくようにそれぞれの1pinの基準電圧を設定する必要がある。そのため1段目の1pinは5.5V 2段目の1pinは6.5Vというように1Vの差をつけている。この辺りの設定はOPアンプの設定と同じ感じである。

 さてAGC回路であるが、アプリケーション例の回路には簡潔な回路が示されている。トランジスタ2個で、NPNのベースエミッタのダイオード特性で整流し、NPN,PNPのコレクタを接続している。ここの値を8-5V近くに持ち上げ、整流電圧でコントロールしているようだ。ここに使われている抵抗の値が非常に細かい数値となっている。同じように作ってみるが、抵抗はE12系列から近いものを選択した。 たとえば4.99Kは4.7Kという具合だ、
 果たしてその結果は、まるで旨く動作しない。PNPはONのまま、NPNはOFFのままで9V程度の電圧が出っぱなしであった。そこで抵抗値を色々いじったが、あるポイントで旨くいくところもあるが、連続的にはコントロールできない。
 よくわからない動作である。ここで深追いしてもどうかなと思うところである。その訳はAGCスレショルドの変更が出来ない、AGC時定数の設定変更が難しそう。トランジスタの出力ではインピーダンスが低すぎる気がしている。
AD603-6.JPG そこで今回前にも作ったことがあるW1FB著「W1FB DESIGN NOTEBOOK」にあるFETとOPアンプを使ったオーソドックスな回路とした。
 結果どうにか使用できるレベルとなったのでTEST RECEIVER(実験用受信機)に付けて7MHzを受信。今日は生憎の雨模様でノイズレベルが高くAGC調整には向かないようであるが、有る程度の強い局で設定してみた。MC1490や2SC2348IFと比べると素直な感じで、ノイズも少ないような気がする。特にMC1490ではAGC設定により途中で飽和し、ノイズが多発することがあったが、そのようなことは無く余裕を持って増幅している感じがする。音も素直である。
 但しこのW1FBのAGC回路ではもう一つしっくり来ない感じである。AGCアンプもFET1段で有るが、もう少し増幅度を上げたいこととAGC電圧調整をすっきり出来るような回路を再検討するつもりである。この辺りが旨くできたら再度情報をアップしていきたいと思う。

 IFアンプ以外にも送信機のジェネレータ後のプリドライバーとしてパワーコントロールやALCコントロールにも感単位応用が出来そうだ。また実験用可変利得アンプとして1台作っておいても便利だと思う。更にAD8307とAD603を組み合わせ検出範囲の拡大に使うというアプリケーションもAD8307のデータシートに示されており、応用範囲の広いいいICだと感じた。今後私の製作の定番ICになりそうだ。 

 

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。