So-net無料ブログ作成
検索選択

DSP [受信機]

SDRがブームになってきているが、まだまだアナログ派。
とは言え自作受信機で聞いていると、ノイズや音質などが気になる。そこで今回AF-DSPを作ってみた。

このDSPは、貴田電子設計のキットでKEM-AF-DSP-DX というものだ。

DSCN3502.JPG

その仕様は
SSBモード 下限200-600Hz(100Hzステップ) 上限1000-2700Hz(100Hzステップ)
CWモード  中心400-800Hz(50Hzステップ) 通過帯域100-300Hz(100Hzステップ)

となっている。可変はUP/DOWNスイッチで行う。
入力レベルもLEDで監視できるようになっている。
LM386のAFアンプも内蔵されている。

DSCN3500.JPG

 今回製作した受信機用に考えているのでAFアンプは省いてLINE-OUTとした。
基板にはスイッチやLCDを直接付けるようになっているが、組込やケースに入れることを思うと、外部に付けるようになっているとありがたいのだが。

デジタルが苦手なおじさんにとってこういうキットを提供されている貴田OMには感謝である。今後とも供給を続けてほしいものだ。

使用感については、受信機からLINE出力できるよう改造が必要なのでまだわからない。できれば追々レポートしたいと思う。

 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。