So-net無料ブログ作成
検索選択

Aruduino & Color LCD No.2 [Aruduino]

 前のBlog記事で説明しきれていない内容で、幾つかの注意点があるので、追記することとした。

1) Aruduino
 今回使用しているAruduino nano は純正品でなく中華製互換品である。Aruduino IDEは、純正品であれば、AruduinoとのUSB接続のためのドライバーがあるので問題なく接続できる。しかし中華製Aruduinoは、物によりシリアル-USB接続用インターフェースICの種類が違うものが多い。たいていは購入するときにそのドライバー情報が記載されているので、指示されたドライバーをインストールする必要がある。
 今回使用しているものには、CH340GというICが使用されている。これ用のドライバーは以下のページから取得できる。

CH340G用ドライバー   江苏沁恒股份有限公司
 これをインストールしaruduinoを接続すれば認識する。その後IDEのツール内にあるポート設定で該当のポートを選択することにより書き込みが出来るようになる。

 

aruduino.jpg


2) LCDライブラリー
  今回使用している1.44inchカラーLCDは、ILI9163Cと言うものが使用されている。「ILI9163C Library」で検索すれば見つけられる。

 

TFT-ILI9163C-master.ZIPという名前で ダウンロードされるので、適当なフォルダーで解凍する。解凍するとTFT-ILI9163C-masterというフォルダーが作られる。実はこの名前では旨く動かない。フォルダー名を「TFT-ILI9163C」と変更してAruduinoプログラムフォルダーに有るLibraryフォルダーに移動する。AruduinoIDEからも取り込みが出来るが、このフォルダーではなく、ドキュメントフォルダーのAruduinoフォルダーにあるLibraryに収納される。しかしこのフォルダー内部にて階層管理が出来ないようである。そのため本体内のLibraryに入れたほうが管理しやすい気がする。ここに入れればIDEメニューに自動的にLibrary名が表示されるはずである。
 次にこのLibraryであるが、そのままでは、旨く動かない。下の写真のように表示がずれる。
 

DSCN3560.JPG 
 これを修正するには、TFT-ILI9163CLibrary内の「-settings」フォルダー内の「TFT_ILI9163C_settings.h」ファイルをワードパット等TEXTエディタで開き下記の部分を修正する。

 

#define _TFTWIDTH   128//the REAL W resolution of the TFT
#define _TFTHEIGHT 128//the REAL H resolution of the TFT
#define _GRAMWIDTH      128
#define _GRAMHEIGH      160//160
#define _GRAMSIZE _GRAMWIDTH * _GRAMHEIGH//*see note 1
#define __COLORSPC 1// 1:GBR - 0:RGB
#define __GAMMASET3 //uncomment for another gamma
#define __OFFSET 32//*see note 2   //32を0にする
 これはLCDサイズが128x160に設定されているようで、何故かオフセット数値が記載されている。なのでこれを「0」に変更すれば旨く表示されるようになる。
 
3) フォントドライバー
 グラフィックLCDはキャラクタLCDと違い文字フォントを持っていない。そこでこのフォントLibraryが必要となる。
「adafruit-GFX-Library」というLibraryで、定番Libraryのようだ。これも検索すれば直ぐ見つかる。
このファイルも 「adafruit-GFX-Library-master」となっているのでILI9163Cと同様に名前変更でmasterの部分を消す必要がある。あとはILI9163C同様Libraryフォルダーに保存する。

以上今回Aruduinoを使ってみて少し躓いた部分を備忘録的にUPした。参考にしていただければ幸いである。
 

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。